屋根 未分類 雨樋

屋根工事後20年経過

先日ご依頼頂きました屋根、雨樋工事が完了いたしました。

小田唯司
S様ありがとうございました


ステンレスの釘留めで釘浮きが顕著に見られましたのでビス留めに更新させて頂きました。
小波板はステンレスなのでビスだけ交換するだけでまた数十年保たせることが出来ます。

 


私が現地調査をし画像に注釈を加えお客さんに、何処を何でどうするのかを説明します。我々プロとお客様では常識も違うので出来るだけ分かりやすくし、お互い納得が行く「共通の認識」を持って工事に挑むようにします。

 

 


今回雨樋交換と同時に雨樋が取り付く鼻隠し(雨樋金具が付いている木の板)の板金包も提案し採用頂きました。破風鼻隠しの板金包は塗装より遥かに長持ちし、見た目もキリッと締まるのでイチオシです。雨樋交換の際にしか出来ませんので、やるやらないは別として私は選択肢の一つとして必ず提案します。

雨樋交換の際の破風鼻隠しは ・塗装(低コスト10年耐用) ・板金包(高コスト30年耐用) ・何もしない(ゼロコスト痛み続ける) の3択になることが多いです

 

 

 


20年程度経ったステンレス横葺きは退色こそしていますが機能的には問題ありません。

 

 


雨漏りしている場所もあるという事で対応させて頂きました。

今回は20年前に屋根、雨樋工事をさせて頂いた方が再度弊社にご依頼頂けた事は凄く意味の有ることだと感じます。

-屋根, 未分類, 雨樋