屋根

棟板金が飛んでいった

 
 
最近の記事で棟板金はビスで留めなければならないと言いましたが、まさに写真の用な状態になるからです。他の板金は大体の場合、半分壁の中に入っていたり、板金と板金でカシメられていたりするので、飛んでいくと言う事はあまり無いのですが棟板金は留め具だけで保たせているので、ガッチリ留めましょうという事です。今回のようなコロニアル葺の場合はなかなか木の腐食が避けられない構造なので仕方ないかなとも思いますが。
 
 
溶けた材木を撤去し、胴縁→シリコン→貫→シリコン→ルーフィング→ステンレス棟板金の順で仕上げました。

-屋根