屋根

屋根張替えのサイン

時々家の周りをご自身でセルフチェックしてみて写真の様な状態なら直ぐに相談して下さい

30年以上経っている屋根は要注意

新築または張り替えて30年以上そのままの屋根は板金店などに点検してもらう事をおすすめします。

そのまま放置してしまうと雨漏りが進行して通常修繕不可能な状態になる事があります。

その場合、合板などの下地からでは無く、躯体(垂木、母屋など)から修繕が必要になり費用が膨れ上がり大変なことになるケースが稀に起きますので適切なメンテナンスをして下さい。

施工エリア内の方は連絡下されば施工実績4桁(1000件以上)の株式会社星野板金が駆けつけます。

ブログ記事で詳しく見る


カバーリング工法 100万円〜(材料相場により単価が変動します)

既設屋根の種類や状態によっては出来ない場合もありますが大体は可能です。屋根はカバーリングによるデメリットが外壁よりは少ないのでオススメです。

デメリットは最後に壊す時が来た場合割高になる事です。今のガルバリウム鋼鈑の屋根は非常に丈夫なので30年〜50年の間で痛み具合を見ながら張り替えるのがコストパフォーマンスに優れると思います。

もちろん余裕が有る方はこまめに塗装するのも良いですね。


玄関ポーチ屋根カバーリング 10万円〜(材料相場により単価が変動します)

玄関ポーチの屋根は緩勾配で傷んでることが多い場所になります。壁が絡んでいるケースが多く納まりをよく考えないと見た目はキレイになったのに壁との取合い部分から雨が入って来るケースがありますので、壁との取合い部分はどう処理するんですか?など聞いてチェックしてみるのも良いかもしれません。

弊社の場合、極力シール防水納めはしないようにしています。コチラの現場ではモルタル壁を切断してガルバ屋根を壁の中に入れて立ち上げてからシールしています。
その分費用は掛かりますが、10年後、20年後の事を考えてコストを考えつつ最善の提案しています。

10㎡以下の面積の場合1式計上しています。これは適当にしているわけではなく、工事規模が小さくなると時間、材料効率が悪くなり平米単価は破綻してしまいますので1式とさせて頂いております。


施工例

弊社が施工させて頂いた屋根の一例です

施工実績1000件以上

ブログ記事で詳しく見る

© 2022 株式会社星野板金 Powered by AFFINGER5